ベトナムホーチミン

行ってきました。
今回で3度目です。
泊まったホテルはシェラトンでクラブフロアでした。
今回の目的はベトナムコーヒーとナッツを買うことでした。
コーヒーは豆で3.5kg、ナッツは1.5kgほど買ってきました。

特にコーヒーは濃くて甘くてまったりした味です。
カフェスダーといって、練乳入りのアイスコーヒーは37度の気温の中、街歩きから帰って来たときのオアシスでした。

飛行機は香港経由で行きました。
香港では4つのラウンジがありますが、前回の旅行では全場所を制覇しましたが、今回は2か所だけでした。
お目当てはヌードルバーで、担担麺を食べることです。
胡麻味の濃い汁で、これが美味いのです。
あまり食べすぎると、香港からホーチミン間でも機内食が出ますので注意が必要です。

飛行機はフルフラットのなるシートでした。
横になった状態で時速1000kmで空を飛ぶことは、何とも言えない気持ちでした。

ホテルはクラブフロアですが、シェラトンはメインタワーとグランドタワーがあります。
いずれのクラブフロアにも泊まりましたが、ラウンジはグランドタワーの方が断然広くて豪華でゆっくりできました。

ホーチミンはこの2年間に高層のビルやホテルが続々と完成しています。
また2020年には日本の企業である清水建設や前田工業が地下鉄を完成させます。
工事現場にはベトナム国旗と日の丸が並んで看板にかかれており、誇らしい気持ちになります。

私が知る範囲ではホーチミンの市民は日本には好意的で親日家が多いと思います。
地下鉄が完成すれば、殺人的なバイクの数も多少は減ってくれるのでないかと期待しています。
おそらく世界1、道路にはバイクがあふれている国だと思います。

空港でも街の中でも中国語が嫌でも聞こえてきます。
旅行中は、機内でも空港でもホテルでも大陸の人の傍若無人な行動が目につきました。
あんな国が世界のリーダーになるべきではないし、なれないでしょう。
まるで成金の行動です。

街を歩いていると、ベトナムの人が日本語で話しかけてきます。
何故私が日本人と分かったのかと聞くと、私の日本語が理解できないようでした。

朝の4時半くらいからホテルを出て散歩に出かけました。
地元の市場では、朝の5時くらいのまだ暗いうちから働いています。
バイクタクシーのおっさんと知り合いになり、いろいろ話しましたが何とか共通言語の英語でコミュニケーションを取りましたが、わからない部分はジェスチャーで何とかなるものです。

ホテルに帰って朝6時からサイゴンカフェで朝食をとります。
初日は珍しさもあって食べすぎです。
段々と食べる量が減ってきます。
帰国する前日に、朝食を食べているときにBGMでビートルズのイエスタデイがかかりました。自分でもいい時間を過ごしているなあと感慨にふけってしまいました。

マッサージは毎日行きました。
ホテルから近くの健の家というところです。
70分でチップ込みで1250円でした。
でも毎回別にチップを500円くらい渡すと喜んで一生懸命やってくれました。

多分来年もホーチミンに行くと思います。
楽しいし美味しいし何か魅力があるのです。


posted by 丹田 at 16:59 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ▼ たんだコラム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。