明石の裁判所が新しくなりました

1年余りに亘った工事で3階建ての新庁舎が完成しました。
前の裁判所の建物を取り壊して、今度は3階建ての鉄筋コンクリート造で、エレベーターもついています。

まだ建て替え中の際のプレハブ庁舎はまだ残っていますが、間もなく取り壊され、跡地には駐車場が整備されます。

2階が調停室で8室あります。
申立人は2Aの部屋、相手方は2Bの部屋が控室になっています。
法廷は3階にできました。

これから恐らく何十年もの間、人々の問題解決をする建物になることでしょう。
1回のエントランスには、太陽光発電の現在の発電量や気温等を示すモニターが設置されています。
1か月単位のそれらの推移が判るようにもなっています。

明石の裁判所は神戸市西区と明石市を管轄しており、その擁する人口は70万人前後になります。
現在、調停委員は54名で、調停や裁判等の事案の問題の解決やサポートにあたっています。

前の庁舎は私が小学生の洟垂れ小僧の時からありました。
その時は自分がそこで仕事をするとは夢にも思っていませんでした。

私の調停委員の任期はあと10年もありませんが、精一杯残された期間を微力ながら経験と知識でやりきろうと思います。



posted by 丹田 at 10:41 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ▼ home
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。